企業情報

沿革


1961年(昭和36年)アメリカの複写機メーカー、チャールス・ブルーニング社が業界初の湿式ジアゾ複写機で黒発色のものを開発。当時は青焼きと言って図面用と同じバイオレット発色の物しかなかった。
その後、オランダのケミカルメーカー、バンデルグリンテン社と、ドイツのケミカルメーカー、カレー社の共同開発で
ブラック発色ジアゾ化合物が誕生。これをアメリカのチャールス・ブルーニング社が事務用複写機開発に応用して、
“コピーフレックス”を日本で発売することになった。
その販売権を巡っての銀座文祥堂と理研光学(リコー)の熾烈な争いの結果、文祥堂が日本全国販売権を獲得。当時、文祥堂が
輸入商社として扱っていた輸入機械全機種を、北海道全地区で拡販した実績(道内トップセールス)が認められ、独立創業
して“コピーフレックス”の北海道総代理店になってほしいとの要請を受け、創業を決断した。創業当時社員数6名であった

西暦(和暦) トピックス
1961年(昭和36年) 6月 アメリカ・ブルーニング社開発の事務用複写機コピーフレックスPhoto
デンマークREX社製の輪転謄写機・レックスロータリーと、そのサプライの販売を目的
とした事務機専門店として、真島光男により創業。Photo(資本金100万円)
9月 道内主要都市に(帯広・曽我・北見・小柳、他)15社の地区販売店を設置し卸売りを開始
10月 北海道ビジネスショーに出店
1963年(昭和38年) 5月 資本金 2,500,000円に増資
1964年(昭和39年)   レックスロータリーの全国販売店売上実績コンテストで第一位によりREX社社長招待により10日間デンマーク訪問
1965年(昭和40年) 10月 資本金 5,000,000円に増資
11月 函館営業所を開設
1966年(昭和41年) 9月 社屋新築Photo(札幌市中央区大通西16丁目3番地)旧社屋
10月 室蘭営業所を開設
1967年(昭和42年) 10月 旭川営業所を開設
1968年(昭和43年)   文祥堂との合弁会社 (道内地区代理店・卸売り販売移管)文祥堂北海道販売叶ン立
1970年(昭和45年) 12月 室蘭市のビジネスマシン株式会社を合併し、室蘭営業所を開設
1971年(昭和46年) 1月 資本金 7,000,000円に増資
1972年(昭和47年) 2月 卸売り部門を分離し、文祥堂北海道販売株式会社を設立
1973年(昭和48年) 2月 資本金 14,000,000円に増資
1974年(昭和49年) 12月 函館営業部を分離独立し、函館オフィス・マシン株式会社を設立
1977年(昭和52年) 4月 資本金 28,000,000円に増資
1981年(昭和56年)   オフコン事業に本格的に参入
1984年(昭和59年) 5月 パソコン事業に本格的に参入
札幌医大前に医大前支店Photo(札幌市中央区南1条西16丁目)とコンピュータショップ&スクールを開設
1986年(昭和61年) 1月 資本金 40,000,000円に増資
1987年(昭和62年) 6月 旭川営業所を株式会社冨貴堂ユーザックに譲渡
10月 室蘭営業所を分離独立(オフィスマシン販売株式会社)
12月 コンピュータショップPolaris開設(札幌市中央区北1条西6丁目)
1988年(昭和63年) 9月 医大前支店をPolarisに併合。
1991年(平成3年) 3月 本社を札幌市中央区北1条西6丁目に移転Photo
資本金 60,000,000円に増資
4月 アップルコンピュータ専門店 Macfine(札幌市中央区北1条西6丁目)を開設
1994年(平成6年) 4月 紀伊國屋書店株式会社と提携、ショップ内に紀伊國屋書店コンピュータブックスコーナーを新設
1997年(平成9年) 10月 主力となっているソリューションビジネスの更なる促進強化を図るため、
コンピュータショップPolarisをシステムデモセンターに戦略転換
1999年(平成11年) 2月 旧本社ビルを新築し移転(札幌市中央区大通西16丁目3番地)
システムデモセンターのソリューションランドPolarisと企業研修向けスクールを併設
2002年(平成14年) 3月 資本金 50,000,000円に減資
2006年(平成18年) 6月 神野裕三が代表取締役社長に就任
2008年(平成20年) 7月 ISO27001認証を取得
2011年(平成23年) 6月 創業50周年

 

 

ページのトップへ

企業情報

  • 社長あいさつ
  • 会社概要
  • 業務内容
  • 取扱メーカー
  • 主な認定
  • 沿革
  • 採用情報

アスクル

アスクル

Windows7アップグレード徹底ガイド

マイクロソフトが提供するオンラインサービス


MAP MAPはこちら
住所 〒060-0042 札幌市中央区大通西16丁目3番地 大代表・総務部 TEL:011-632-5000 FAX:011-632-5134 営業部 TEL:011-632-5005 FAX:011-632-5133 ITサービス部 TEL:011-632-5140 FAX:011-632-5560 受発注サービス部 TEL:011-632-5150 FAX:011-632-5132

Microsoft Partner

ISMS